鋼帯巻き工具

鋼帯巻き工具は予圧縮金型として下記のような異なる用途向けにそれぞれ設計されています:

 

  • 冷間、温間、熱間精密鍛造

  • 精密引き抜き、深絞り、粉末圧縮などの他の成形

  • 工業ダイアモンド/CBNの高圧合成

  • 高圧実験

  • 高圧シリンダ 

 

STRECONのビジネスの中心は予圧縮金型の設計と製造ですが、この金型を市場では一般的にSTRECONコンテナという名で販売しています。

STRECONコンテナと合わせて、中間スリーブ、スペーサー、パッド、冷却装置、金型の組み立て・調整プレス機、スティールと超硬のダイとパンチなどの他の関連工具も設計製造することも多く、特別な案件の場合、すぐに使用できるような工具一式を設計し納入することもあります。

詳細は「製品」と「テクノロジー」の項をご覧下さい。

 

特別な機械と設備のソリューション

STRECONはその技術、またはエンジニアリングと製造能力を生かした特別な機械と設備ソリューションを開発製造しています。

下記はそれらの異なるタイプの製品や設備を簡単に紹介したものです:

 

  • 金型の組み立て・調整のための油圧プレス機

    このプレス機のフレームには鋼帯が巻かれ、フレームが予め圧縮を受けているためコンパクトなサイズです。

    500トンまで設計することができます。

  • 金型、鋳型、その他の部材のロボット研磨機

    この研磨機では2D研磨が可能で、現在3D研磨機を開発中です。

  • 個々の顧客向けに特別に設計または改造した機械設備

 

例を挙げれば、特別な粉末圧縮と部品組み立て工程向けに作られたダイナミックな金型システムとプレス機、噛み合う異形鋼棒の精密冷間サイジングのためのプレスシステム、大型金型用の水平アラインメントと高さや中心の位置決めのための設備、風車のギアプロファイルの計測工具、その他です。

機械と設備のソリューションは注文されたお客様に向けて独自に開発されたもののため、別のお客様に同じものを提供することはできません。