STRECON Vari-Fitコンテナ

コンテナ設計

STRECON Vari-Fitコンテナは精密冷間鍛造ダイの内径を完全に微調整するために設計された特別な予圧縮工具システムです。 ダイの内径は、ダイインサートとSTRECONコンテナの間に組み込んだ中間スリーブにより、数ミクロン(2-5 μm)ごとに調整されます。 ダイインサートの位置は固定したまま、円錐のスリーブを制御しながら垂直方向(上下)に移動させます。 ダイインサートの直径は、その半径方向の予圧縮を変更することにより調整されます。 

STRECON Vari-FitコンテナはSTRECON Axi-Fitコンテナの発展形で、通常カーバイドのワインディングコアを使用します。 それにより、この予圧縮工具システムは400GPaまでの剛性を持つことになります。

 

用途

STRECON Vari-Fitは機械メーカーとして有名なFelss Systems社の開発した軸成形機の金型システムに組み込まれています。 この機械はAximusという名ですが、高強度、高精密スプラインの冷間鍛造に使用されるユニークな機械システムとなっています。

この工具システムはまた、ダイ全体のたわみを削減することにより精密公差を達成したい時、あるいはビレット材料のばらつき、表面磨耗、長期の大量生産による微小塑性変形によりダイインサートの内径を調節する必要がある時など、特別な精密鍛造の用途にも使用することができます。

Vari-Fit.png
STRECON Vari-Fit の例

FELSS splines examples.png
STRECON Vari-Fit で成形したスプラインの例