STRECON Axi-Fitコンテナ

コンテナ設計

STRECON Axi-Fitコンテナはダイを半径方向と軸方向の2方向から圧縮してサポートする予圧縮工具システムです。半径方向の予圧縮はダイインサートを圧入することにより得られます。一方、軸方向の予圧縮は工具の組立ての際、軸方向に高い負荷をかけた状態でロックすることにより得られます。ロックは ネジ状のリングスクリューをSTRECONコンテナの底側に取り付けて行います。

STRECON Axi-Fitコンテナにはワインディングコアに工具鋼を使用したものと、タングステンカーバイドを使用したものがあります。ワインディングコアにカーバイドを使用したコンテナは400GPaまでの剛性を持ち、ダイにかけられる負荷は通常の圧縮リングを使用してかけられる負荷よりも50-100%高くなります。

STRECON Axi-Fitコンテナの鋼帯材料にはStrip200でもStrip400でも使用することが可能で、それは使用される製造工程の温度により選択されます。

 

用途

STRECON Axi-Fitコンテナはダイの半径方向の予圧縮と軸方向の予圧縮の最適なバランスを達成するように設計されます。さらにカーバイドのワインディングコアを使用した場合は、成形過程で30%のダイのたわみを削減します。STRECON Axi-Fitコンテナは、高い負荷のかかるダイや複雑なキャビティを持つ高精密ダイ、及び分割ダイの水平割れや横割れを防ぐのに効果があることが証明されています。

STRECON Axi-Fitコンテナは冷間、温間、熱間の精密鍛造や、その他の高い作業内圧のかかる金属成形への使用に適しています。



Vari-Fit example parts.png
STRECON Axi-Fitで予圧縮した部品例

 

 

Vari-Fit Conatiner

STRECON Axi-Fitの原理:
メインボディ、プレッシャーパッド、リングスクリュー