HATEBUR AMP/HM機向けSTRECONコンテナ

コンテナ設計

STRECONコンテナはAMP50, AMP70, HM75モデルとして知られるHATEBUR熱間鍛造機向けに設計されています。 このSTRECONコンテナは他のSTRECON コンテナ同様、鋼帯巻き技術で作られており、通常の予圧縮金型よりも50%まで高い強度を持ちます。 そのためコンテナの寿命はより長くなります。

HATEBUR機向けに設計したこのSTRECONコンテナの強度の高さにより、ダイインサートはより強く圧縮され、またより耐摩耗性の高い材料を使用することができるようになります。 このような設計が金型性能の向上や、ダイインサートの寿命の伸びを助け、それによりHATEBUR機の稼働時間が改善し、工具費の節約に繋がります。

HATEBUR熱間鍛造機向けSTRECONコンテナは標準のStrip200という鋼帯材料で作ることもできますが、より高い耐熱特性を持つStrip400という鋼帯材料を使用することもできます。 コンテナ設計は、個々のお客様のHATEBUR機向けに変更することもできます。

 

用途

HATEBUR機向けSTRECONコンテナは、従来の圧縮リングと全く同じ形態で使用することができ、特に高い内圧のかかる鍛造に適しています。 STRECONコンテナで予圧縮するダイの形状に制約はありません。 このコンテナは小バッチ生産にも大量生産にも使用することができます。

Hatebur.png
HATEBUR AMP/HM 機向け STRECON コンテナ

HM70 application examples_frit.png
HATEBUR 熱間鍛造機で作られた部品のサンプル

PDF documents

HATEBUR機向けSTRECON