高圧実験 (HPE) 向けSTRECONコンテナ

コンテナ設計

高圧実験向けSTRECON コンテナはSTRECONベセルとも呼ばれています。 このコンテナは鋼帯巻き技術で作られており、通常のベセルと比較するとその強度は100%まで、より高くなります。 この優れた強度は、STRECONベセルに使用される特別な材料と、製造時の鋼帯巻きプロセスとによるものです。 詳細は弊社ホームページに掲載のSTRECONコンテナ技術をご参照下さい。

強度

このベセルはより高い強度を持つため、高圧実験で使用されるインナーコアをサポートするための最適な予圧縮を与えることができます。このインナーコアは通常、高合金工具鋼かタングステンカーバイドで作られています。 標準的な締め代レベルは1%ですが、従来のベセルシステムは塑性変形し拡大するため実現不可能です。 一方STRECONベセルは完全な弾性を保ち、信頼のおける、均質で安全な性能を長年に渡り確実に提供します。 

産業での使用

下記表は標準のシステムサイズです。 しかし、STREONコンテナの寸法は個々の高圧用途、プレス機、その他の条件に対応し変更されることも多くあります。 STRECONベセルは100kbar の圧力まで設計できますが、大多数のベセルシステムは25-40kbarの範囲で使用されます。 20kbarを超える高圧システムは通常、端壁荷重を加えて設計されます。

STRECONはインナーコア(例えばID ½”)を組み込んだ高圧ベセル、ピストン、そしてインナーコアとピストン両方を冷却するシステムを一括して完全ベセルパッケージとして提供することができます。  さらにプレス機も加えた、完全な高圧実験のシステムソリューションを提供することもできます。

151102 Strecon 23502 1.png

高圧実験向けSTRECON HPEコンテナの例

PDF documents

高圧実験 / HPE