高圧合成(HPS)向けSTRECONコンテナ

コンテナ設計

高圧合成向けSTRECONコンテナは、上下アンビルがカーバイドダイの中の高圧セルを加圧する、ベルト型高圧装置で使用されます。 典型的な圧力レベルは55kbarからですが、特別なHPS用途では100kbarにまで達します。 

STRECONコンテナは鋼帯巻き技術で作られています。 特別な0.1mm厚さの鋼帯材料をSTRECONコンテナのインナースチールコアに巻き付けていきますが、意図されたコンテナの外径寸法に達するまでには数千層もの鋼帯を巻くことになります。

STRECONコンテナは通常の多リングシステムよりも100%強度が高くなります。 この強度はSTRECONコンテナに使用する鋼帯材料と鋼帯巻きプロセスによるものです。 STRECONコンテナ技術の詳細は弊社ホームページをご参照下さい。

 

産業での使用

STRECONコンテナはより高い強度を持つため、様々なHPS用途に使用されるカーバイドダイへの最適な予圧縮サポートができます。 通常の締め代レベルは1.1 - 1.3%ですが、多リングシステムでは塑性変形して拡大してしまうため実現不可能なレベルです。 一方STRECONコンテナは完全に弾性を保ち、信頼できる均質で安全な工具性能を、長年に渡って確実に提供することができます。 

STRECONコンテナの設計は個々のプレス機、HPS工程、ダイ設計その他の条件に応じてカスタマイズされます。 STRECONコンテナシステムは100kbarの圧力まで設計できますが、ほとんどのシステムは65-80kbarの圧力範囲で設計されています。

STRECONは予圧縮工具全てをパッケージで提供することができます。  含まれるものは、カーバイドダイやカーバイドアンビル用の鋼帯巻きコンテナ、中間スリーブやウェアリング、冷却及びアラインメントやセンタリングや傾き防止のシステム、ダイの組み立て分解システムです。 STRECONは最大ø2200 x H300mmまでの鋼帯巻きコンテナを製造することができます。 一般的なコンテナのサイズはø1200 – 1500mmです。

HPS m. wear rings.png
HPS 向けの STRECON コンテナとウェアリング

PDF documents

高圧合成 / HPS