テクノロジー

STRECONは元来、鋼帯巻きテクノロジーを基に設立された会社で、冷間鍛造ダイのための予圧縮システムとして使用されていました。年を経て STRECONのテクノロジーの基盤は、下記のような高圧に関連する様々な用途に向けた予圧縮金型システムとして、さらに発展し成熟しました:

 

  • 冷間、温間、熱間鍛造

  • 高精密スプラインの軸成形

  • 最終成形と組み立てのためのダイナミック金型システム

  • 精密引き抜き

  • 工業ダイヤモンド / CBN の高圧合成

  • 高圧実験
  • 他の工業的用途

     

STRECONの工具システムは自社開発の分析プログラムによってエンジニアリングし設計しています。複雑なケースには通常FEMによる解析を行います。

近年、鋼帯巻き技術はプレス機フレームの予圧縮にも使用されるようになり、金型の組み立て、分解、微調整を行うことのできるSTRECON油圧プレス機で主に使用されています。

また、STRECONは工具や機械部品の表面研磨のためのロボットシステムを開発しました。この技術は「RAP – ロボットが補助する研磨」と呼んでいます。背景にある考えは、これまでの各作業者が行ってきた骨の折れる手作業を機械に譲るというものです。ただしこの機械のプログラミングや設定、コントロールは熟練の作業者によって行われます。この機械は2D研磨用ですが3D研磨についても開発中です。

またホームページには記載しておりませんが、これら自社製品に加え、STRECONは個々のお客様向けの特別な工具と機械のソリューションを開発し納入しています。

長年STRECONはお客様の開発部門とだけではなく、デンマークや他国の大学とも共に仕事を行なってきました。最も有望で革新的な開発については特許を取得、または申請中です。